お子さんの近視

近視の子どもの増加

目のピント調節機能が異常をきたすこと(屈折異常)で、遠くの物が見えづらくなります。こうした近視の子どもが近年、増えているのを実感しています。
近視の原因は解明されていませんが、主に遺伝と環境に起因すると言われています。現在は子どもでもパソコンやスマートフォンを使用する機会が増え、近くの物を見ることが多いため、近視が進みやすいと考えられています。近視の場合は、メガネやコンタクトで視力を矯正するのが一般的です。

メガネについて

お子さんが近視であると診断した場合、当院では、お子さんの状況を見てメガネを薦めるようにしています。例えば、小学校低学年時は学校の授業に影響がなければ裸眼で様子を見て、小学校高学年や中学生になって授業に支障があればお勧めするといったように、患者さんそれぞれに合わせた対応を心がけています。

お子さんのコンタクトレンズについて

コンタクトレンズは左右の視力に開きがありすぎる場合にも装着が可能です。また、外見も裸眼と変わらない、メガネと比べて視野が広くなる等の利点があります。
その一方で、メガネに比べて装着や管理に手間がかかるのも事実です。当院では、お子さん・親御さんと相談しながらメガネにするか、コンタクトにするかを提案させていただきます。

眼科 小鹿倉医院 クリニックニュース