診療案内

下記のような病気、悩みに対応しています。ご参照ください。

白内障

レンズの役割を果たしている水晶体が白く濁り、視力が衰える病気です。加齢に伴って発症するのが一般的ですが、ケガや糖尿病などにより起こることもあります。

緑内障

眼圧が異常に高くなり、視神経に障害が起きることで視力が低下する病気です。自覚症状のないことが多く、進行すると視野が狭くなり、最終的には失明する可能性もあります。

アレルギー性結膜炎

目の表面に花粉などのアレルギー物質が付着し、まぶたの裏側にある結膜に炎症が起こる病気です。かゆみや充血・目やに・涙が出るといった症状が現れます。

ドライアイ

涙の分泌量が減ったり、涙の質が低下したりすることで目を潤わせる機能が落ちた状態のことをドライアイと呼びます。点眼薬などで改善を図ることが可能です。

加齢黄斑変性

文字通り、加齢により起こり得る病気です。網膜の黄斑という部位が異常をきたし、物が歪んで見える・視野の中心が欠けたり暗くなったりする・視力が低下するといった症状が現れます。最悪の場合、失明することもあります

糖尿病網膜症

糖尿病が原因で血管内に糖分が多い状態が続くと網膜がダメージを受け、視力が低下する病気です。早期の治療で進行は抑えられますが、放置しておくと失明に至る可能性があります。

飛蚊症

目の前を小さな物が飛んでいるように見える状態を飛蚊症と言います。原因はいくつかあり、中には硝子体出血などの病気に起因していることもありますので注意が必要です。

近視・遠視・乱視

近視・遠視・乱視は、目のピント調節機能が狂うことにより発症します。近視は遠くの物が、遠視は近くの物が見えづらくなります。また、視界のどこにもピントが合わない状態を乱視と言います。

コンタクトレンズ処方

患者さんに快適な生活やスポーツを安全に楽しんでいただくため、当院ではコンタクトレンズを処方しております。

眼科 小鹿倉医院 クリニックニュース