初診の方へ

初診の方へ

早期治療は早期発見から

他の病気と同様に、目の病気は早期発見と早期治療が大切です。「あれ、目がおかしい?」と思ったら早めに眼科を受診しましょう。

弱視の放置でメガネ・コンタクトが効かなくなることも

お子さんが弱視であるにもかかわらず、専門的な訓練をしないまま放置していると、成長時にメガネやコンタクトが有効に機能しない場合があります。

お子さんがこんなときはまずご相談を

  • 物を見づらそうにしている
  • テレビを観る距離が近い
  • いつも首を傾けて物を見ている
  • 光をまぶしがる
  • 目をよくかいている、痛がっている

初診時の流れ

1受付

まずは受付のスタッフに来院理由やどんな症状があるかをお伝えください。

2問診

医師や視能訓練士が症状を具体的にお伺いします。場合によっては生活習慣などもお聞きし、原因を探ります。

3検査

問診の結果、必要な場合は検査を行います。

4治療方針の決定

問診や検査を通して、患者さんに合った最良の治療方法を提案いたします。

5治療の実施

患者さんの希望も踏まえた上で、合意が得られた場合に治療を行っていきます。当院では主に投薬での改善を試みます。手術など外科的な処置が必要な場合や、重度の病気である場合は、専門の医療機関をご紹介します。

検査の大切さ

病気を早期発見するためには、定期的に検査を受けることが大切です。
特に小さな子どもの場合は、弱視であってもそれが普通だと感じてしまうことがありますので、親御さんは常日頃から目を配るようにしましょう。特に近視の場合は、放置しておくと症状が進行してしまうため、早期の対応が重要です。
当院では3歳半児眼科検診を行っておりますので、ぜひ受診していただければ幸いです。

検査で他の病気が見つかることも

検査で目以外の病気が見つかることもあります。特に見つかりやすいのが脳の病気。目は脳とつながっているので、目の動きを司る動眼神経などに出血があった場合、目に異変が現れます。CTを備えた医療機関で精密な検査をしたら病気が見つかった、ということが往々にしてあるのです。

当院で行っている主な検査

視力検査

  • 矯正視力検査…裸眼での視力をレンズで矯正した場合の視力を調べる検査です。
  • 屈折検査…物に焦点を合わせる機能(屈折)に異常がないかを調べる検査です。
  • 斜視検査…斜視の有無や程度を調べる検査です。
  • 両眼視機能検査…両目で受けた感覚を統合する両眼視機能を調べる検査です。

眼圧検査

緑内障や網膜剥離などの目の病気の有無を調べる検査です。目にプシュッと空気を当てて眼球のへこみと戻り具合を観察します。眼球内の水分量などを調べることで、病気の可能性を探ります。

眼底検査

眼圧検査と同様に、緑内障や網膜剥離などの目の病気の発見を目的とした検査です。瞳孔の奥にある眼底を観察し、眼底の血管や網膜、視神経などに異常がないかを調べます。

眼科 小鹿倉医院 クリニックニュース